地球に人に優しいアートを…図画工作室から2022.4/27『頭の中を泳ぐ魚』

図画工作室から…

 

僕の頭の中の宇宙空間をゆったりと泳ぐ魚が  こんなことを言うのです

「過去も未来も、今ここには存在していない。

だからこそ ”今”という瞬間 をしっかりと味わい、楽しんで生きなさい。」

 

・・・

『頭の中を泳ぐ魚』

・・・

 

裏に書いておいた日付けを見ると、2021年12月。

あれからいつの間にか4ヶ月が経っている。

でも、それほどの時間が経過していたという実感がわかないんだ。

 

 

まるで記憶が消えているかのように、日付だけが進んでいる。

 

そして、つい先週の出来事を思い出しても、それがまるで遠い昔の思い出のように感じる事もしばしば…

そんな時は不思議という感覚を超えて、少し怖いようにも思えたりする。

 

 

ここ数年、歳月の流れを早く感じるという話を至るところで耳にする。

きっと、この時間の経過の早さに、焦りや慌ただしさのようなものを感じている人も多いのではないだろうか。

 

それでも…

 

僕の頭の中の宇宙空間をゆったりと泳ぐ魚が、こんなことを言うのです。

 

「もし、時間というものが存在するとしても、

時が過ぎてしまう事を憂いたり、焦ったり、

そんな感覚で時間というものを捉えていたら勿体ないよ。」

 

 

「楽しい時間はあっという間に過ぎてしまう…という感覚があるだろう?

お前の中で飛ぶように過ぎて行ったと感じる時間は、

きっとどの瞬間も楽しかったからこそ、早く過ぎて行ったと感じたのだろう。」

 

「そもそも過去も未来も、今ここには存在していない。

だからこそ ”今”という瞬間 をしっかりと味わい、楽しんで生きなさい。」

 

 

そうなんだよね…

駆け足で通り過ぎて行ったこの4ヶ月間、別に何かを失ってしまったわけじゃないんだ。

 

 

僕にとってどの瞬間も、きっと楽しい ”今” だったに違いない🍀

   安らぎの図画工作室室長 noZomi hayakawa

 

=地球に人に優しいアートを=
地球とそこに存在する全てが、平和・安らぎ・無条件の愛の波動で満たされますように…