旧暦「太陰太陽暦」で今の世の中を生きてみる…

ここ最近は、制作の毎日だったせいか、6月に入っていた事に気付いていなかった。

 

毎月1日の午前中に、玄関の盛り塩を新しいものと交換する。

同じように盛り塩をしている友人のメールで、昨日が6月1日だったという事に気付いた。

 

 

ここ2年程、カレンダーを部屋に置いていないせいもあるのかもしれない。

 

そんな事もあってか、ふと「暦」というものが気になった。

 

 

以前から気になっていたのが「旧暦」というもの。

 

同じアジアの国で、今でも正月を旧暦で祝っているところもあるのに、何故この国は違うのか。

子供の頃から漠然とした疑問がいつも心のどこかに引っかかっている感じがあった。

 

そこで、盛り塩交換日が過ぎてしまった今月は、良い機会なので旧暦に合わせてみようと思い立った。

 

 

これをきっかけに、少しだけ旧暦についてネットで調べてみると、

旧暦とは「太陰太陽暦」というもので、月と太陽の運行を両方取り入れた暦だそうだ。

 

 

 

詳しく調べたわけではないので、細かい事はまだよくわからないけれど、太陽と月の動きの違いの関係で、
19年に7回「閏月」というものを加えて1年を13か月にして調整するというものらしい。

 

そしてこれもまた、その詳しい理由はわからないのだけれど、

旧暦を活用してみると、自然界の細やかな営みを意識することができるというような説もあるようだ。

 

そして更に「二十四節気と七十二候」というものを取り入れると、暮らしに趣きを添えることができるような記述もあった。

 

ゆくゆくは、自然の営みに寄り添う生き方をしたいというのが、以前からの僕の想い。

 

思い立ったら吉日。

僕は個人的に今日から旧暦でこの世の中を歩いて行くことに決めた。

 

旧暦カレンダーを調べてみたら、今日6月2日は、旧暦ではなんとまだ4月25日。

新しい盛り塩の交換日は、旧暦の5月1日となる、通常の暦での6月6日にやることにした。

 

慣れるまではちょっとややこしいけれど、なんだか楽しそう…。

 

そして、
来年は、初めて旧暦で新年を祝ってみよう!

もう来年の話…きっと鬼が笑ってる((^o^))🍀

 

 

安らぎの図画工作室から noZomi hayakawa

 

=スターシードが創り描く☆地球に人に優しいアート= noZomi hayakawa2024初夏の個展『玉 響(たまゆら)』

スターシードが創り描く
地球に人に優しいアート
 noZomi hayakawa
 2024.初夏の個展

 
 『玉 響(たまゆら)』

2024/06.10(月)-06.16(日)
  11:00ー19:00
(最終日は17:00閉館)

 ギャラリー元町