地球に人に優しいアートを…図画工作室から2022.8/29『結局全て大丈夫』

図画工作室から…

『結局全て大丈夫』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

僕らは生きている時間の中で

“取り越し苦労”のようなものに、どれほどのエネルギーを注いで来たんだろう。

 

何気ない誰かの言葉を聞いたとたんに…

ふと何かを思い出したとたんに…

急に気分が変わったりした時にも…

 

ある物事に対して、むくむくと湧いてくる不安や心配

 

 

「もしかしたら…」

「ひょっとして…」

「きっと…」

 

まだ起きてもいない未来の出来事を、想像力豊かに思い浮かべて、
頭の中にリアルな物語を描き始める。

 

それは実に臨場感溢れていて、

想像の中の誰かの迫真の演技は、居ても立っても居られないほどの不安を煽ってきたりする。

 

でも、いざその物事と対峙する日が来ると、

気が抜けてしまうほどスムーズに事が済んでしまったり、

 

周りの人の反応は、思い描いていたほど大袈裟なものではなかったり…

多少のダメージはあったとしても、何だかんだ言いながらしっかりと乗り越え、ちゃっかりとやり過ごしていたりする。

 

心配事の大半は、そういう事だったりするもので、

取り越し苦労をしていたあの時間なんて、まるで無かったかのように、今日というこの日を普通に過ごしているわけで…

 

振り返って見れば、

世の中や他人なんかよりも、
実は自分自身の方が、よっぽど自分に厳しいし、優しくもない。

 

 

まだ起きてもいない出来事を、ご丁寧に「大事件」に変えてしまっているのは、

たいていは僕らの豊かな想像力。

 

その想像力を、良くない方にばかりフォーカスしていると、

わざわざその通りの事を引き起こしてしまう…という凄い力も僕らにはあるらしい。

 

ということは、その逆もしかり。

良い方向へ、僕らのその豊かな想像力を働かせていけば良いのです。

 

 

人生って、本当にいろんな事が次から次へと起きてくる。

その度に心を揺らして過ごす一生なんて、あまりにもつまらない。

 

だから

『結局全て大丈夫』

最近の僕は、人生の障害物達をちょっと偉そうに上から目線で眺めながら、

決して立ち向かうのではなく、軽く挨拶くらいする程度で、サラッとやり過ごして行こうというスタンスで過ごしている。

 

 

もちろん全てが都合良く思い通りにはいかなくても、

傷付く事もつまずく事も、一つ一つは単なる経験。

 

それを後に活かせるような胆力、底力を鍛えておこう。

 

そんな風に思えるようになっている🍀

noZomi hayakawa個展2022.11『中今のアート展』

2022年11月7日(月)〜11月13日(日)

場所…ギャラリー元町(横浜市)

時間…11:00〜19:00
※最終日11/13(日)は17:00閉館

【中今】とは「今この瞬間」のこと

今に深く集中する為に、利き手ではない方の手で描いた絵や
ひとつひとつ個性やクセのある木と、じっくり対話しながら作った作品など
「今この瞬間」を積み重ねて出来上がった僕のサイキックアート
それが『中今のアート』です

=同時開催=
コラボ展 『Old School』