何が「信念」を支えているのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「信念」が揺るがなければ、迷う事無く何かをやり始める事も、やり遂げる事も出来るはずだ。

理屈はそうだけど、そこにはなかなか到達出来ない時だって、やっぱりあるよね。

 

そんな時、僕の「信念」を作り上げているものの正体が、何なのかを考える。

純粋で真っ直ぐな心。それなら揺るぎ無いだろう。

でも、時には他人への対抗意識から、意地になって人のマネをしながら何かをやろうと焦っている…。

なんて事も、以前の僕にはよくあったなぁ。

そういう時って、結局最後までやり遂げられなかったり、そもそも始める事すらしなかったり…。

何故それがやりたいのか、その「心構え」が、「軸」が明確で、純粋でなければ、なんだかんだと理由を付けて動けなくなる。

と言うか、大した熱意もないから、”動かなくなる” 、簡単に辞めちゃうんだよね。

 

行動に移す時って、「自分だけの為」からの発想だと、長続きしない。

最初はもちろん何事も、自分が楽しいからやるってとこから始まるんだけど、

続いていくものって、それが誰かの役に立ったり、喜んでもらえたり、力になったり・・・。

そんな出来事に繋がることで、やる気、やりがいとなって、そこからどんどん発展していく。

人って、誰かに必要とされる事に喜びを感じるものなんだろうな。

僕は少し前まで、=信じられるのは自分だけ= という考えに囚われていた。

そう考えている間って、人の目も気になるから、人を寄せ付けない強固な壁を作ってる。

そんな風じゃ、僕自身、誰からも信頼されないし、たとえ行動を起こしたところで、ずっと孤立したままだよね。

「信念」だと思っていたものは、単に独りよがりの捻くれた意地だったりする。

それに気づいたきっかけは、本当に些細な出来事。

 

初めて挑んだコラボ展に立ち寄ってくれた、言葉も通じない海外の見知らぬ男性。

彼が、壁一面に並んだ僕の絵をまるで子供のような笑顔で、ギャラリーを何周もしながら観てくれた事。

何度も何度も笑顔で頷きながら…。

 

僕の絵に、人を笑顔にする力がある事を初めて目の当たりにした瞬間だった。

出来事は些細なことだったが、絵を描いていく事を決断するに至る、とてつもなく大きな出来事。

だから僕は、自分を守る為だけに築いた壁に、ほんの少しだけ穴を空けてみた。

そうしたら、そこから入って来る風は、思っていたよりも遥かに暖かなものだったんだ。

さあ、壁を壊して一歩踏み出そうとした時、ある人からこんな事を言われた。

「他人の為に何かやりたい人なんていない。結局自分の為にやってるんだよ。」

「私はあなたみたいな偽善者にはなりたくないから。」

僕のやる事や考えに、いちいち反応していろんな事を言ってきた。

僕は再び、人の目が怖くなった。

そして、壊しかけた壁の穴をまた、塞ぎたくなってしまった・・・が、

 

でも、ちょっと待てよ・・・

あの時のあの男性の笑顔、あれは決して僕が押し付けたものじゃ無い。

言葉なんて通じなくても、自然と僕の絵に、彼の心がウキウキと楽しくなった瞬間だ。

そんな人が居てくれるなら、たとえ自己満足だろうと、偽善だと言われようと、何もやらないよりは、やったほうがいい。

僕にあんなこと言った人、その人の為にやるわけでもないし…。

 

その時、僕の「信念」の軸を支えてくれたのは、あの時の見知らぬ海外の男性の笑顔とその心だったんだ。

それを支えに進んでいたら、同じように笑顔や心、言葉を届けてくれる人達が居てくれることに気が付いた。

僕はたくさんの人に支えられ、生かされている。

気付けば、僕の「信念」って、そういう人達の心で支えられているんだ。

だからこれからも、僕は僕の出来る事、

ほんとにささやかなんだけど、”笑顔になってもらえるアート”を創り出していくことで、

「無くても別に困らないけど、あったらいいなぁ…」という存在として、皆の傍に居たい。

たとえ偽善とか言われたって、自分の為とか言われたって、僕はやり続けるよ。

笑顔になってくれる誰かに届けたいから。🍀

イベント情報

*お知らせ*
希nozomi 第6回個展

「Q…」

2018.11.22木~11.28水

馬車道大津ギャラリー(横浜市)

11/22木…14:30~19:00

23金~27火…10:30~19:00

28水…10:30~18:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。