これからも平和・安らぎ・愛の想いを込めて…個展『中今のアート展』を終えて

今年2022年の秋の個展が幕を閉じました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

子どもの頃からずっと、強く・優しい人で在りたいと思って生きてきました。

そういう人になれたかどうかは、未だにまだよくわからないけれど…

 

僕は、真の強さと優しさを湛えたひとりの人間として、この生涯をかけて
安らかな、愛溢れる世界へと向かうアートを届けたい。

誰もが喜びや安心を感じられるような、争いの無い平和な世界になって欲しいのです。

 

陽だまりの中にいるような安らぎと平和の波動が、僕のアートや言葉を通して、この星に循環していくのを日々イメージしています。


noZomi hayakawa

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このサイトのトップページに置いてある文章を引っ張って来ました。

この想い…
実は小さな子供だった頃に、既に僕の心の真ん中にあったもの。

もちろん、ここまで明確に言葉では表現できてはいなかったけれど…

きっと過去生から今世に至るまで、強く強く抱き続けて来た想い、願い、祈りなのだと感じています。

 

今この瞬間を込めた作品達。

今回の個展で、シンプルな線と淡い色彩、そしてそこに現れた穏やかな表情のモチーフ達が伝えたかったもの。

それは元気や情熱のような、動的なイメージではなく、
静けさの中にある、平和・安らぎ・無条件の愛へと繋がる、祈りを込めた想いでした…🍀

 

安らぎの図画工作室室長 noZomi hayakawa

 

☆『中今のアート展』の作品はこちらからご覧いただけます