蜃気楼

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

未だ辿り着けない風景がある。

 

いつの頃からだったか、

おそらく幼い頃からずっと心に描いたまま、未だ辿り着くことの出来ない風景。

 

ある時、ふとしたきっかけで観た「ロング・エンゲージメント」という映画のラストシーンでその風景に出会った。

 

先日、僕の好きな映画のひとつとして、Facebookでも紹介したけど、

僕はいつも、そのラストの風景に辿り着く為だけに、その映画を観る。

木々の間から、暖かく柔らかな陽射しが降り注ぐ庭。

 

それまで抱いていた真っ暗で重たい不安が、溶けて無くなっていくような、穏やかな時間と静かな会話。

そこにあるのは、深い安らぎと包み込まれるような安心感。

 

かけがえのない大切な存在が、確かに目の前に在るというその風景に出会う度に、僕の目から…いや、心のずっとずっと深い所から溢れ出て来る涙がある。

 

僕はたぶん、一般的な人と比べてかなり我慢強くもあり、何事も頑張る方だと思う。

でも世の中には、努力や頑張りだけじゃ、どうすることも出来ない事ってある。

その思いは、小さな子供だった頃から、長い間僕の心を捉えて放してはくれないんだ。

 

僕が大切に思うもの、安心できるもの、大好きなもの・・・。

そう感じるものを見つけると、少しだけ幸せな気持ちになる。

でも、しばらくするとそれらが、僕の前から消えて無くなってしまう。

 

神様の仕業なのか、何なのかわからないけど、ある時急に、僕の手から、大切なものを奪っていってしまうんだ。

小学生の頃、引っ込み思案だった僕に、ようやく友達ができたと思っていたら、学年の途中でその子が引っ越してしまい、またクラスで一人ぼっちになる・・・。

不思議な事に、まるでデジャヴのように毎年繰り返された出来事。

 

そこに居ると、大きく深呼吸できるような大好きな街並みは、再開発で跡形も無く消えてしまった。

 

思い出のたくさん詰まったバイト先は、いつの間にかどれもみんな違う店に変わってしまい、

そこに行けばいつでも会えると思っていた人達は、みんなどこかに消えてしまった。

 

家出同然で飛び出して、早くから独り立ちしてしまった僕は、安らぎや優しさを外にある何かに求めたり、無意識に何かにすがろうとする癖があったんだろうね。

 

そんな僕が、何かに出会って、そこに幸せを感じ始めると、まるで蜃気楼のように消えてしまうんだ。

そして僕には、素足のまま冬の街を歩いているような、そんな心細さだけが残る。

きっと僕はまだ、もっともっと先へ進まなければいけないし、強くならなければいけないというメッセージなんだろう。

今では、そう前向きに捉えるようにしているし、普段はそれでも大丈夫な自分がいる。

 

だけど、人ってそんなにいつでも強いわけじゃない。

 

大切にしたいものが在るって事に気付いた時、そこに小さな幸せを感じた時が一番怖いんだ。

僕がそう思うと、また目の前から無くなっちゃうんじゃないかって…。

 

でも、人の一生はたった一度きり。

ちゃんと自分の心に正直に行動しないと、そこには後悔しか残らないんだよね。

 

だから、最近は少しだけ、それほど勇気が無いからほんの少しだけなんだけど、自分の気持ちのままに行動する事もある。

それは、いつの日か、あの映画の中のような景色、その暖かな温度を実際に体感したいから。

 

あの穏やかで包み込まれるような安心感、僕が未だに、ただの一度も感じたことのない気持ちを味わってみたいから。

 

もしかしたらその景色は、僕にとって永遠に蜃気楼なのかもしれない。

僕が何か行動すると、また目の前から消えてしまうかもしれない。

これからも、ずっとその繰り返しなのかもしれない。

正直、そんな風に怯える自分もいる。

 

だけど、それでも砂漠の向こうにあるはずの、本当の景色を見られる日を、僕はまだ諦めたくないんだ。🍀

 

 

イベント情報

希 noZomi 第4回個展
「陽の当たる場所を探して」は
無事終了いたしました。
ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。