僕が思い出に浸らないのは…『記憶の中の楽園』

僕の日常…ほぼ、思い出には浸らない。

 

時間がもったいないからっていうのもあるけど、本当のところはちょっと違うのかも…

 

嫌な思い出は、不思議といつの間にか心のアルバムから消えていて、残っているのはキラキラと光る陽射しの向こうの優しい出来事。

 

その優しさ、懐かしさが、悲しかった出来事よりもぎゅっと胸を締め付ける。

 

心に優しい出来事たちは、まるで花火。

大空に夢のような景色が広げて、でもそれはほんのわずかな時間だけ。

打ち上がっては消え、やがて暗い夜空が目の前に広がる。

 

思い出も同じ。

もう二度と戻らないその瞬間が、あまりにも儚くて愛おしいから、

その想いが苦しくて、切なくて、

僕は思い出に浸る時間を遠ざけているのかもしれない。

 

『記憶の中の楽園』

…………………………………………………………

 

もう とっくに忘れてしまった時間の数々

 

でもきっと 心のどこかにしまってあるのだろう

 

楽しかったはずのあの瞬間は

 

記憶の中の美しい楽園に…🍀

noZomi

 

2020.09第10回個展

「My dear…親愛なる君へ」より