「中今(なかいま)のアート」それは、僕が今この瞬間を込めるアートです

今この瞬間に、より一層の意識を集中し、魂を込めて描く…

 

それを僕なりに突き詰めて辿り着いたのが

「中今(なかいま)のアート」

 

 

「中今(なかいま)」とは「今この瞬間」「今この一瞬」の事を言います。

 

僕に降りてきたものを、より一層の意識を集中して描く。

それは、これまでの僕のサイキックアートを更に進化させたアートだと感じています。

 

どうやってより一層の意識を集中させるかというと…

それは、利き手では無い方の手で描くというもの。

 

僕の利き手は右手なので、作品の最初から最後までをその反対の手、左手で描くのです。

 

日常では左手で文字や絵を描くことは無いので、筆や鉛筆を持つだけでもぎこちなくなります。

そのぎこちない感覚のまま、円を描いたり線を引いたり…

これは想像以上に集中力を必要とするのです。

 

慣れた方の右手で描く時は、思わず何かを考えてしまったりして、意識が別の所に飛んでしまう瞬間があります。

でも不慣れな左手では、そんな余裕もなく、ただただ「今この瞬間」に意識を深く集中して描く事になるのです。

 

魂を込める密度というのでしょうか、それが非常に濃密なものとなるのです。

しかも、不思議なことに、その瞬間瞬間にはピリピリとした緊張感は微塵も感じられません。

そこにあるのは、まるで瞑想をしている時のような感覚。

余分な力が抜け、限りなく「無」の感覚に近いものとなるのです。

 

僕の新境地である「中今(なかいま)のアート」

今この瞬間を生きて、今この瞬間を込めるアート。

 

来月の個展で、ギャラリーの一角を飾ります。🍀

 

noZomi hayakawa個展2022.11『中今のアート展』

2022年11月7日(月)〜11月13日(日)

場所…ギャラリー元町(横浜市)

時間…11:00〜19:00
※最終日11/13(日)は17:00閉館

【中今】とは「今この瞬間」のこと

今に深く集中する為に、利き手ではない方の手で描いた絵や
ひとつひとつ個性やクセのある木と、じっくり対話しながら作った作品など
「今この瞬間」を積み重ねて出来上がった僕のサイキックアート
それが『中今のアート』です

=同時開催=
コラボ展 『Old School』