アーティストとして生きる…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

僕が今回の個展に向けて なぜ原点に戻って 観る人の好き嫌いがはっきりと分かれてしまう現代アート作品に力を入れようと考えたのか

 

そこにはほんのの気まぐれとか 単なる思い付きとは違う 僕の大きな覚悟があるんだ

今日は そんな話をしてみようと思ってる

 

Facebookとか僕のブログで以前から繋がってくれてる人は 何気に知ってるとは思うけど

僕が育った家庭環境って 本当に最悪だったの

はたから見れば ごく普通の家庭なんだよ

そして兄にとっては 気に入らない事があれば腕力をちらつかせて黙らせれば済むという 「王様」として君臨できる場所

 

僕はそんな事もあって とても早い時期に家出同然に東京へ行って 一人で暮らし始めたんだ

ろくに何も出来ないまま 世間の常識も何もわからないまま世の中のレールからドロップアウトしちゃったから その後は周りの大人からはたくさん叱られたけど そこにはそれまでと違う「愛情」があってね

野良犬みたいだった僕を 大切に根気よく見守ってくれる大人達に出会う事ができたんだ

まだ未熟だった僕が その事に感謝出来るようになったのは もっと年月が経ってからなんだけどね

 

そうやっていろんな経験をする中でも 「表現者になるんだ!」っていう子供の頃から漠然と抱いていた夢だけは ずっと捨てずに持ち続けてたらしい

 

僕はね 小さい頃から「表現」する事に凄くワクワクする何かを感じてたの

集団生活は大っ嫌いだったんだけど 「○○発表会」みたいな 皆でやる合奏とかダンスとかお芝居とか

そんな時間はとっても楽しくてね

普段は人見知りで引っ込み思案なのに 舞台の上に立つと とにかく嬉しくなっちゃってね

特別褒められるとか そんな事は全然なかったんだけど

普段は何やっても怒られてばっかりの僕が そういう練習の時は一度も怒られた事がないの

他の子達よりも早く習得して ミスもしない・・・

まるで何かが乗り移ってるみたいに 自分でも不思議なくらい何でも出来ちゃうの

 

きっととにかく楽しいっていう気持ちが 僕に大きな力を授けてくれたんだろうね

あの頃から既に 僕にとって何かを表現するっていう事が 「この世界を生きている」って実感できる最も大切なものだったのかもしれないね

 

東京に行ってからも表現の手段は ダンスだったり 演技だったり 音楽だったり いろいろだったんだけど

どれも本気で一生懸命に 全力で その頃の僕に出来る全てを懸けてやってたなぁ・・・

残念な事に そのどれもが自分一人では成り立たない共同作業だったから 僕は続けたいと思っても いろんな事情で継続する事が出来なかったの

 

今でも そのどれもが出来なくなった事は 残念で仕方ないな

 

そうこうしているうちに些細なきっかけから それまで全く興味もなくて 全くやったことも無かった絵を描くことになって・・・

やってみたら これって凄い奥が深い

何しろたったひとりで その作品を作り上げるんだから

今までやってきたことは 演出家や振付師 脚本家や作曲家等々…自分以外の人が作り上げた中で僕は ほぼ言われた通りの事をやって見せるんだけど

絵はそれに似たいろいろを 僕がトータルで担って一枚の作品を創り上げて またそれらを活かしてテーマを持った個展を立ち上げる

 

もしかしたら物凄く贅沢な事をやっちゃってるのかも知れないって 最近気づいたんだよね

 

今までは 自分のことを「アーティスト」って言うのは 何だかカッコつけてるみたいで申し訳ないような気持ちになっちゃう事が多かったのね

だから

「絵を描いてます」とか アーティストって言うよりもおとなしい響きだからと「画家やってます」とか言ってたんだけど

絵を描いてる事は 僕の人生を懸けてやってるとても大切な「生きる道」なんだよね

もっと自信を持って堂々とあるべきなんじゃないかなって…

創り出す作品にはもちろん それを観てくれる人達にも そんなに自信の無い僕じゃ無責任すぎるだろって思ったの

 

だから もう一度初心 原点に戻って

観る人にとっては分かり難いかもしれないけど 取っつき難いかもしれないけど 今回の個展ではかなり個性の強い「現代アート」でギャラリーの大半を埋め尽くすって決めたんだ

堂々と ひとりの「アーティスト」として覚悟を決めて 僕の中にあるエネルギーを観てくれる人の身体で 心で しっかりと感じて貰えるようなアートを送り出すから

今まで絵に対しても 僕と言う人間に対しても それほど関心無かった人達にも僕が描くアートが発する わくわくするようなエネルギーを感じて貰えたら嬉しいね

 

もっと熱く語りたいこともあるんだけど 長くなっちゃうからまた今度ね(^^)/🍀

 

*お知らせ*
希nozomi 第6回個展

「Q…」

2018.11.22木~11.28水

馬車道大津ギャラリー(横浜市)

11/22木…14:30~19:00

23金~27火…10:30~19:00

28水…10:30~18:00

イベント情報

希(noZomi)第8回個展

「rhapsodie...狂詩曲」

=もっと自由に!より華麗に!=

 2019.11.07(木)~11.13(水)

馬車道大津ギャラリー(横浜市)

   にて開催いたします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。