「思慕の花」

お日様が高い所から見下ろしてくれてる時には、全く忘れちゃってるんだけど…。

 

日が西の空に傾いて、辺りが徐々に闇に包まれていく夕暮れ時。

その時間になると、得体の知れない不安が、背後から忍び寄って来る。

 

そしてまるで片足で立っているような、こころもとない感覚に呑み込まれそうになる。

 

それは、遠い日の幼い僕が、日々味わっていた感覚。

 

大人になった今でも夕暮れ時になると、背中の辺りがザワザワとして落ち着かない。

もうとっくに忘れてもいいはずなのに…。

 

僕が未だに克服できないままでいる「弱点」。🍀

 

(2017年個展「花*華繚乱」展示作品)

「思慕の花」

 

地平線に ゆっくりと陽が落ちてゆく頃

 

ふいに背中の辺りに

不安を覚えることがある

 

どうにもやりきれないこの感覚は

幼い頃から僕を掴んで

放してはくれない

 

暖かくて

柔らかな香りで包み込んでくれる…

 

そんな花を

僕は今でも探し続けている

…noZomi🍀

 

=地球に 人に 優しいアートを=

僕らを育んでくれるこの星とあらゆる命への敬意、

そして魂の居場所である肉体に感謝を込めて…

       早川 希