「握れば拳 開けば掌」

ある出来事に遭遇した時、自分がそこでどんな態度をとり、どんな言葉を発するのか。

出来事が、心を揺らすものであればあるほど、

人となりが、人間の本性がさらけ出されてしまうんだ。

常日頃の心の在り方を問われる瞬間だ。

ただひたすら真っ直ぐであれ。

強く、そして優しくあれ…。🍀

(2016年個展「驚天動地」展示作品)

「握れば拳(こぶし)

  開けば掌(てのひら)」

出来事はね

みんな 心のあり方次第なんだよ

頑なに握れば

殴りたくなるような「拳(こぶし)」も

開いてみるとね

優しく撫でる「掌(てのひら)」

…noZomi

=地球に 人に 優しいアートを=

僕らを育んでくれるこの星とあらゆる命への敬意、

そして魂の居場所である肉体に感謝を込めて…

       早川 希

=スターシードが創り描く☆地球に人に優しいアート= noZomi hayakawa2024初夏の個展『玉 響(たまゆら)』

スターシードが創り描く
地球に人に優しいアート
 noZomi hayakawa
 2024.初夏の個展

 
 『玉 響(たまゆら)』

2024/06.10(月)-06.16(日)
  11:00ー19:00
(最終日は17:00閉館)

 ギャラリー元町
図工室-letter

前の記事

「宝の箱」
図工室-letter

次の記事

「緑の序曲」