愛すべき「僕の中の悪魔」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

僕の心の中には 悪魔が住んでる

 

もしかしたら「天使」も居るかもしれないけど 確実に「悪魔」が住んでる

普段はどこか奥の方で静かに潜んでるんだけど

「悪魔」は何かが起こった時 それに反応する僕のちょっとした心の揺れを絶対に見逃さない

たちまちその姿を現して 大きな口を開けて僕を嘲笑うんだ

 

悪魔の名前はね いろいろあるんだけど 大雑把にまとめれば「劣等感」かな・・・

 

この悪魔が僕の心の中で大きく膨らんでくると 自分に自信がなくなってきたり ひねくれたりイライラしたり・・・

僕の思考回路が何とも騒々しくなって 落ち着かないんだ

 

そんな時の僕は ひと言で言えば「や~な奴」になってるんだろうなぁ

そう 情けなくてち~っさい人間…

 

少し前まではね そんな自分を絶対に認めたくなかったの

 

「こんなはずはない! 僕はこんな情けない奴のはずはない!」

 

そう思いたくて 悪魔の顔を見ないように 悪魔の声を聞かないように 目も耳も塞いでジタバタしてた

 

 

でもさ 最近になって気付いたんだよね

その悪魔の顔も声も よく見てみると意外と可愛くて愛嬌あるんじゃね?って・・・

 

そもそも悪魔の正体は 僕自身の「感情」なんだもん

思うようにいかなくて ひねくれたりいじけたりして「や~な奴」に成り下がってる僕は それはそれでめっちゃ人間くさくて面白いじゃん

何が有ってもお釈迦様みたいにニコニコ微笑んでるほうが よっぽど不気味だよね

感情があるからこそ 人間なんだもんね

 

それに 僕はこの悪魔が心の中に同居してくれてたからこそ いろんな事頑張って来れたんだと思う

もし僕が いつも自信満々で 劣等感のかけらも無かったら…

 

向上心も持たず 努力する事もせず 夢も目標も思い描く事も無く

ただ漫然と時間だけが過ぎていくような生き方をしてたんだろうな

 

そしてその心の中に住んでる奴の名前は

「劣等感」よりも遥かに恐ろしい「傲慢」ってやつ・・・

 

これは全くもって可愛げが無いんだ

それに比べたら 僕がずっと嫌悪し続けてた「劣等感」は何処か滑稽で 愛おしくさえ思えるよ

そもそも僕が抱く劣等感って何だろうって考えてみると 子供の頃の経験から植え付けられちゃってる「思い癖」によるところが大きいみたいなんだよね

 

例えば 内面的な事で言えば初対面の人と話すのが苦手で 必要以上に緊張しちゃうっていうのがある

 

確かにそういう傾向ではあるんだけど、意外とすぐ打ち解けて会話しちゃってる事も多いの

要は どんな場所でどんな人と会ってるかで僕自身の気持ちも行動も全然ちがうんだよね

高学歴のエリート集団の中にポンっと放り込まれたら部屋の隅っこにポツンと立ってるしかないけど 同じ初対面でも 僕が委縮しなくても大丈夫な場もたくさんあるっていう事に わりと最近になって気付いたよ

 

それから外見的な事では 背が低いって事かな(>_<)

 

言葉は悪いけど 僕自信が勝手に 他人から「規格外」って思われてるように感じちゃってる部分があったりするんだけど

先日 病と闘った末 残念ながら亡くなってしまった格闘家の山本キッドさんや 綺麗な女優さんと結婚したV6の森田剛さんなんかも 僕と同じ位の身長なんだけど 僕が見受ける印象としては 背の低さなんて全然気にならないっていうか むしろ身長以前にその存在自体がカッコいいよね

 

そりゃ僕が2人と同じような存在感とはとても言えないんだけど 他人から見れば 背の高さなんてそれ程大した問題じゃないんだなってこと…

 

僕の劣等感は もちろんこの他にもまだまだあるよ

これはほんの一例・・・

この2つだけでもこんな風に客観視してみると ほんの少し冷静になれたりもする

だからって劣等感が完全に消えるわけじゃないけど

 

人の負の感情が そんなに単純に解消されるはずないからね

一時は治まっても 繰り返し繰り返し湧き上がってくるもんだよね

 

ここしばらくの間も この悪魔が心の中を飛び回ってたんだけど そんな自分をまた俯瞰から眺めてみちゃったりするとさ

その時に悩んだり落ち込んじゃったりしてる事自体は とっても苦しいよ

だけど 僕の場合はどこかでそれを ゲームみたいに楽しんでるのかもしれないなぁって思う事もあるんだ

全くばかげてるんだけど どん底に落ちて そこからどう這い上がって行くか…みたいなのを味わいながら 心のどこかで楽しんでるのかもしれない僕が居る感じ

 

皮肉にも そんなばかげた葛藤を繰り返してる時ほど 僕の描く絵も面白いのが出来ちゃったりしてね

前にも言ったかもしれないけど 来月の個展「Q…」では メルヘン作品よりも 僕の絵の原点となった現代アート作品の展示が多くなる予定

頃合いを見計らったように 制作期間に入るあたりから 僕の心の中を出たり入ったりしてる悪魔がいてね…(≧▽≦)

 

おかげでガッツリとエネルギーこもった面白い作品が いくつも湧き上がって来そうだよ(^^)v🍀

 

 

希nozomi 第6回個展

「Q…」

2018.11.22木~11.28水

馬車道大津ギャラリー(横浜市)

11/22木…14:30~19:00

23金~27火…10:30~19:00

28水…10:30~18:00

 

イベント情報

=ありがとうございました=

希(noZomi)第6回個展「Q…」は

無事終了いたしました。

ご来場下さいました皆様、

応援の声を寄せて下さいました皆様、

ギャラリー関係者の皆様、

搬送でお世話になりましたドライバー様、

その他いつも僕を温かく見守って下さる全ての方々へ

心からの感謝を贈らせていただきます。

ありがとうございました。

2018年11月28日

早川 希

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。