地球に人に優しいアートを…図画工作室から『未来都市』2022.11/30

図画工作室から…

 

僕が夢見る未来都市

それは遠い昔の当たり前の風景

だけど 失ってしまった幻の風景…

 

・・・

『未来都市』

・・・

 

僕が夢見る未来都市

 

そこには高速道路も無ければ

高層ビルも見当たらない

 

 

あるのは優しいお日様の光と 爽やかな風

 

 

緑の木々と小川のせせらぎ

 

そして 鳥のさえずり…

 

 

それはきっと 遠い昔に何処にでもあった当たり前の風景

 

だけど
万物の頂点に立っていると勘違いした人間のエゴによって
失ってしまった 幻の風景

 

 

そして

そんな人間にこそ 最も必要で
僕にとっては宝石なんかよりも もっともっと大切で

 

もう一度逢いたいと切望する 美しい風景なのです…

 

 

・・・・・・・・・・・・

僕は都会のビル群の夜景も好きだし、綺麗に整えられた街並みもにも心地良さを感じたりもする。

 

でもそこには、ある種の張りつめた緊張感によって、その美しさのバランスが保たれているような、
そんな「危うさ」も感じ取れたりするのです。

それはきっと、人工的に作られたもの故の「危うさ」なのでしょう。

 

 

自然と触れ合った時に感じることの出来る、あの何とも言えない深い優しさと、包み込まれるような安心感。

それは人工物が絶対に持ち合わせてはいない、掛け替えの無い大きなエネルギーなのです。

 

 

失った自然の風景、その営みは二度と戻っては来ない。

 

そんな事は誰もがわかっているはずなのに、身近な自然が消されて行くばかりなのは何故なのだろう。

 

地球は今まで、あまりにも人間に対して寛容であり過ぎたのかもしれない…🍀

    安らぎの図画工作室室長 noZomi hayakawa

 

=地球に人に優しいアートを=
宇宙に存在する全てが、平和・安らぎ・無条件の愛の波動で満たされますように…

個展『図画工作室」作品集はこちらから