プロフィール

  早川 希(noZomi)

フリーペインター(自由画家)

 

・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・

2019年から、作品制作時の排水なども考慮して、使用する画材にもこだわり、

「地球に 人に 優しいアート」への取り組み始めました。

僕らを育んでくれるこの星とあらゆる命への敬意、そして魂の居場所である肉体に感謝をこめて。

・・・☆・・・☆・・・☆・・・☆・・・

 

子供の頃、絵というものは、目に見えているものをそのまま描いたり、体験したことをその通りに描かないといけないものだと思い込んでいたような気がします。

 

学校の授業や絵日記などで、絵は描きたいから描くものではなく、

「描かされるもの」

というイメージがあったからでしょうか…。

 

でも本当はもっと自由で、もっとのびのびとした、心の中から溢れ出て来るキラキラとした何かを 想うままに映し出した映像のようなものなのかな、と思います。

 

僕が子供の頃から変わらずに心魅かれるもの。

 

朝カーテンを開けた時に見る青い空。

そこにぽっかり浮かぶ白い雲。

 

窓から射しこむ柔らかな陽の光と風の音。

 

雨音だけが聞こえる部屋で、窓を伝う雨の雫を目で追いながら静かに過ごす時間。

 

真っ暗な夜に変わる直前の、吸い込まれそうなダークブルーの空・・・等々…。

 

そのどれもがとても美しく、優しく、儚くて…。

 

今でもそんないろいろを見て、聞いて、感じていると、自然と心が穏やかになっていきます。

 

僕が描く世界は、

時には、包み込まれるような大きな安らぎを…

時には、うずくまってしまいたくなるような深い悲しみや寂しさを…

ある時は今を、そしてその先の明日を生きていく為の熱い情熱を表現しています。

 

それらは全て、生きているからこそ感じられる大切な感覚。

 

そんな光も闇も含めて、僕の絵と静かに対話してもらう事が、前を見て明日を生きていく為のひとつのきっかけになってくれたなら…。

 

そして今日、

隣を歩く人、すれ違う人、見上げる空、頬に感じる風…

あなたが出会ういろいろに、優しい気持ちで触れ合う事が出来ますように…。

 

それが「言の葉アート」に込めた、僕の想いです。

希(noZomi)

 

=横浜市出身=

 

☆僕が2019年から使用している環境や人体に優しい画材はこちら

   

 まっち絵の具

(許可を頂いてご紹介しております)

 

(主な活動履歴)

・2015.12  表参道ヒルズ ギャラリー同潤会…コラボ展「ちぇりべりnoZomi 展, 今ここ…美しいもの」

・2016.4  横浜 赤レンガ倉庫・・・クラフトフェスタ出展

・2016.11 馬車道大津ギャラリー・・・第1回個展 「驚天動地」

・2017.3 馬車道大津ギャラリー・・・第2回個展「花*華 繚乱」

・2017.7 馬車道大津ギャラリー・・・第3回個展「捲土重来」

・2017.11~12 馬車道大津ギャラリー・・・第4回個展「陽の当たる場所を探して」

・2018.5 馬車道大津ギャラリー・・・第5回個展「会いたい…」

・2018.11 馬車道大津ギャラリー・・・第6回個展「Q…」

・2019.5 馬車道大津ギャラリー・・・第7回個展「solitaire…ひとり遊び」